DEFINE R4 設置完了

念願のATXケースを買いました。

画像


今までは置き場所の問題もあり大きなケースはだめでした。
つまりはマザーボードもノーマルなATXを使うことができずに
MicroATXばかり、これでどのような影響があるかと言うと
選択肢が減るということです。
やはりノーマルなものは値段が高いものから安いものまで
数多くの製品がそろっています。

実は前からほしいと思っていたのはこの商品ではなく
Antecというメーカーのものでした。

一世を風靡したAntec P180。

パソコン工房で見てから一目ぼれ、でも大きい。
今回引越ししてようやく置き場所が確保できることになったのですが
もうかなりの年数がたっているので
さすがに今見るといろいろ時代にそぐわない所がある。
設計が古くなってしまっているのですね。

後継機種であるP280やP100なんかも考えたのですが
どうもいまいちこれという気がしない、
悩みつつももう一度実物を確認しようとパソコン工房まで足を運んだところ
偶然目に付いたのがこのケース。
形は少し違うしメーカーも違うのですが
側版の剛性感なんか昔見たP180とよく似ていて心を鷲づかみされました。

展示品で安くなっていたのも大きな理由ですが。

とりあえず静かだし拡張スロットも多いからこれからいろいろパワーアップができる、
と夢見ながら意味もなくPCの電源入れてます。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック