テーマ:リハビリ生活

反重力トレッドミルAlterG

ANTI GRAVITY TRERDMILL この「アンチグラヴィティ」の文字に関心を示しただけだった。 答えは単純で空気圧で体を浮き上がらせるというもの 結構大掛かりな装置だがプールを作って水中歩行するよりははるかに安価に出来上がる。 旭川クラスの病院でこんなものを持っているのは珍しいのじゃないかな 高校のス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビール

実はビールじゃないけどね、 「第3のビール」として売り出されたものもメーカーの努力もむなしく 今じゃ普通に酒税をかけられている税率はちょっと低いけど。 いまさらだけど、退院して大きく変わったことはこんな風に酒が飲めること かっと一杯引っ掛けてみたいときもあるからそれを気兼ねなくできることに喜びを感じる。 ちなみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とりあえず退院です。

ただ、しばらくリハビリに通わないと仕事に復帰するの無理だな。 さてさていろいろやらなきゃならない事があるけれどどれから手をつければいいか迷ってしまう。
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

どうやら3階でインフルエンザが発生したらしい

感染を防ぐため3階への立ち入りは止められている リハビリ室使用後の手洗い、うがいもすすめられた。 予防接種の抗力も切れているので気をつけないと感染拡大の恐れもあるだろう、 病院としては頭のいたいところだな。 階段を使うのはあきらめよう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外泊で一時帰宅して実は1番やりたかった事は車の運転だった

仕事にも直接からんでくることなので当然だが それを抜きにしても日常生活と車の運転は切り離せない。 この左足でクラッチをうまく使えるかが一番心配だったが とりあえずは通常の範囲であれば問題はなかった。 いっぱいに踏み込んだ時の膝の痛みは現段階では仕方ないだろう 確実に丁寧に扱うつもりでいれば多少のガマンくらいできるさ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「それじゃあ10日に正座します。」っていやいやいやそれはキツくない?

それだけ回復してきてるんだろうけどわざわざ正座しなくても。 「普段正座しますか?」こんな問いに 「ああ、わりとしますねぇ~。」なんて軽く答えたのが間違いだった。 正直キツそう、まだ踵をおしりにつけるには リハビリで一通り足を動かしてからじゃなきゃだめなのに大丈夫か? 10日までにもうチョイ曲がりやすくなるのかな?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ずっと車椅子だったり近くの椅子を持って来たり座って顔を洗っていたが

最近ようやく思い出したことがある。 洗面台で顔を洗うときはふつう立ったままで洗顔するということを。 2週間ほど前から左足に全荷重OKなのだからすでに椅子など必要なかったのだ、 いやさらに1週間さかのぼっても3分の2荷重ができるのだから 両足で立っているだけの事は十分可能なことだった、習慣とは恐ろしい。 おかげで(な…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

外泊はいつでも良いということなので今日でも明日でもふらっも帰ろうかなと思っていたのに…

なんと立場の弱い事かと嘆くばかりである。 それというのも我が家の佐之助君(チベタンとトイプーのMIX生後4ヶ月)、まだ私に会った事がない。 それもそのはずウチに来たのは私がここに入院した後だから顔を合わせているはずがないのだ。 とつぜん面識のない人間がウチへ入っていったらどんな反応をするかわからない、 という事で最初に思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今朝体力アップのためにひたすら階段を昇っているとバッタリ主治医と遭遇した

退院は突然やって来る。 会っていきなり 「だいぶ歩きも安定して来ましたね。 そろそろ通院に切り替えても差し支えないでしょう。 外泊ってしてましたか?」 「いいえ、してないですよ。」 「そうですか、 そうしたらとりあえず自宅での生活に支障がないように 一度外泊して問題点がないか様子を見て来てください。 そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日は満月らしい。それを知ったのもスマホのアプリのおかげ。

確かに使い道さえあれば強力なツールになるだろう。 スマホに限らずタブレットもウルトラブックも 素晴らしい機械であることはすでに社会が認めている。 ただし、それとは無関係な人々も確かに存在することも忘れてはいけないことだろう、 そのような機器で無ければ基本的な情報が得られないようでは困る。 これでiPhoneアプリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

杖一本で歩き始めて早1週間となるが杖なしで歩けるかというとまだまだ無理と言うよりない

概ね予想した通りだったのでさほど落胆しているわけではない。 なかなか元にもどすのは大変なことだ。 一番の問題点は筋力の低下だろう。 それは左足だけでは無く右足にも言えることで 松葉づえで病棟をかなり歩いた気がしていたが 運動量としてはまだまだ足りなかったらしい。 外を歩くのに比べると負荷は相当に小さなものなのだろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「朋有り遠方より来たる」とはよく言ったもので昨日はまさしくその様な事だった

ただし、入院中のことであるから「楽しい歓談」は有るが「酒を酌み交わす」事は当然無理である。 本来なら酒でも飲みながら時間を忘れて話し明かすところなのだが そうもいかず本当に間の悪い怪我をしたものだと反省しているところだ。 また機会をあらためてと言いたいところだがそもそもそう頻繁に会うことが出来ないから 「遠方より来た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昔から運動が苦手だ、人の動きをそのままトレースする事が出来ない

いちいち頭で考えて理屈がわからないとうまく動けない。 効率の良い身体の動かし方が分からない。 それがリハビリの結果にもちゃんと出てくる。 松葉づえではうまく歩けたのに 杖一本になると途端に前の記憶はリセットされる、 またはじめから足の動きを考えないとまともな歩行になってくれない。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さて今日から左足に全体重を掛けても良くなった

ついでに松葉づえからも卒業して杖一本で歩行練習開始。 さらについでに体力アップを図るためにダンベルで腕の筋力トレーニング、 エアロバイクで足の筋力トレーニングと盛りだくさん。 でもまだ退院の話は出てこないなぁ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日同じ大腿骨骨折で先に退院して行った人のクルマの運転にまつわる障害を聞いた

彼は右脚の怪我のために入院していた。 彼の場合はATだがペタル操作のために膝を少し曲げているのは同じ。 その体制がツライらしい。 シートを後ろに下げて膝を伸ばして運転していると言っていた。 って、それってまずいんじゃない?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同じ病室内でも移動はあるもので、それは新しく入って来る患者さんの状態によるところが大きく関係してくる

まあ強制というわけではないが 「出来れば移動していただけませんか?」 と言われればちゃんとした理由無しには断りづらい。 ましてや今回のように 右脚の怪我のためベットの左側からしか乗り降りが出来ない! ということに納得できないなんて言ったら、ただのひどい人だよね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アスリートのケガからの回復の早さに改めて驚いているところです

このブログのタイトルはツィッターに投稿される設定になっている(今時あたりまえか) ので少し前から多少文章に見えるように書いているつもりなのだが効果の程はいかがかな? で本題だが、 リハビリとはつまり出来るだけもとの様にもどすのが本来の形だが なかなかそううまくは行かないと実感している。 そこで思い出されるのが有…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無事3分の2荷重に移行?

30kg掛けても40kg掛けてもなにも問題なし。 なのだが、いざそれで歩行となるとなかなかうまく行かない。 多分に自分の臆病な性格が原因なのだが わかっていても松葉づえに預ける体重がうまく外せない。 これは早く慣れないと思わぬところで足止めを食うことになる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

周りが次々と退院していく理由がわかった

ホントにね、今週だけでもすでに5人、しかも同じ階でだ。 全部で40人程しかいない中での事だけにビックリする。 やはりケガの程度がひどかったという事らしい、 膝の皿を骨折した人、 骨盤を損傷した人、以外に早く出て行きます。 同じ大腿骨でももう少し下の方なら早いらしいです。 結構重大な怪我だったらしくこの段階…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リハビリ病棟に来てはや一月

自分は気がつかなかったがリハビリ室以外で荷重を増やして歩くのにも リハビリ科から指示か無いかぎり病棟では許可できないらしい。 当然と言えば当然である。 と言うことで晴れてここでも歩く練習ができるのでなんとなく頑張って歩いてみたりして、 なんて俺ってまじめな患者なんだろうと考えているわけだ。 いつまで続くかわからんが。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

目が疲れると本も読めないし

入院生活を快適に送るべくひたすら読書の日々なのだが。 ついつい集中しすぎると目が疲れて痛くなる。 スタンドの照明も長時間の使用には適さないようで、 やっぱり疲れてくることに変わりはない。 これは単に目を酷使しているからなのか? それとも加齢のせいなのか? 無理をしないでたまには早く寝ようっと。
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

リハビリ第4章

ケガした脚に荷重をかけ始めた。 痛みがあると聞いていたので少し不安だったが今のところそれは無い。 六分の一荷重という事はわずかに11kgにしかならず 感覚としてはそっと足で物を押さえている程度でしかない、 痛みの問題が出てくるのは全荷重時のことらしい。 しばらくは心配しなくても良さそうだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more